みずほ銀行のカードローンって甘い審査基準?どうなの?

MENU

みずほ銀行歯銀行系カードローンなので審査は厳しめ!

 

みずほ銀行カードローンというのは、みずほ銀行が提供する個人向けフリーローンであり、最高1,000万円まで借りれる商品となります。

 

金利は4.0~14.0%であり、総量規制の対象外になっているのが大きな特徴です。

 

ただしみずほ銀行の口座を開設していることが条件です。

 

借入は最短即日で可能であり、口座を持っていなくても、審査結果のみ即日で知ることが出来ます。

 

しかしみずほ銀行カードローンの審査は非常に厳しいのがデメリットです。

 

正社員でしたら通りやすいかもしれませんが、それでも確実にキャッシングが出来るワケではありません。

 

もしみずほ銀行カードローンで融資を断られてしまったら、大手の消費者金融へ申込みをしてみてはいかがですか?

 

大手消費者金融と言っても、審査が甘い緩いなんてことは決してありませんが、みずほ銀行カードローンよりは比較的通りやすいかと思います。

 

また大手消費者金融は、どこも即日借入が可能です。申込みをしてすぐに審査が行われ、30分〜1時間程度で現金を受け取ることが出来ます。

 

これならすぐにお金が必要な時にも大変助かりますね。

 

ただしみずほ銀行カードローンには無い注意点が1つあります。

 

消費者金融のカードローンでは「総量規制」という法律の対象になることから、年収の3分の1までしかキャッシングできません。

 

ですので、よく自分の借入金額を確認しておきましょう。


関連ページ

かぎんカードローンは審査が緩くて通りやすいのか?
低金利でキャッシングが出来る銀行系カードローンを鹿児島県の鹿児島銀行では提供しており、まとまったお金を総量規制に縛られることなく借りられます。ただし審査基準が厳しくなっていますので借りやすいとは言えません。もし不安なようでしたら、決して審査が甘い基準ではないですが、即日キャッシングが可能なアコムやプロミスといった大手消費者金融へ申し込みをしてみることをオススメします。
広島銀行カードローンは緩い審査で借りれるのか?
「ひろぎん」が提供する広島銀行カードローンというのは、銀行系カードローンの一つですので、低金利でまとまったお金を融資してもらうことが出来ます。しかし審査基準はその分かなり厳しく設定されています。銀行系カードローンの審査にもし不安をお持ちでしたら、同じように審査に通りやすい基準では無いですが、一度大手消費者金融で借入審査を申し込みをしてみることをオススメします。
楽天銀行カードローンの審査基準は緩め?厳しめ?
誰もが知っている楽天銀行が取り扱っている個人向け融資「楽天スーパーローン」というのは、総量規制対象外でまとまったお金を借りれるメリットがあるのですが、非常に審査基準が厳しく設定されており、とても通りやすい基準とは言えません。大手消費者金融ももちろん甘い審査ではありませんが、審査時間は非常にスピーディーで、その日のうちにキャッシングカードを発行してもらうことが可能となります。
りそなクイックカードローンは甘い審査で借入OK?
りそな銀行のキャッシングサービスである「りそなクイックカードローン」の審査は厳しいのかどうかを調査してみた。